詰棋書紹介(39) 小夜曲

小夜曲 吉田健 将棋天国社 1980.4.21

『嬉遊曲』が1979.8だから1年も経っていない。
もっとも驚くことはなかったと記憶している。
「そうだよね」
という感じ。

選ばれている作品は『小夜曲』の方が軽い感じがして筆者の好みにマッチした。
しかし、事実上『嬉遊曲』からこぼれた作品群だろうに、このクオリティはなんだろう。
いや、吉田健なら驚くことではないのだが……。

そして、得意の随筆も多数収録されている。
いずれも短編作家らしく、短く纏められているのが流石だ。

吉田健といえば入玉図で銀生という評判が高いのだが、なぜか選んだ中には1局しか入っていなかった。

吉田健 小夜曲 作品14 詰パラ 1975.3

吉田健 小夜曲 作品40 詰パラ 1974.5

吉田健 小夜曲 作品53 王将天狗 1967.4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください