詰将棋雑談(77) 香剥総浚[其の十一]

1986年は4作発表される。

佐藤達也 近将1986.2

小駒図式。
元祖の上田吉一作とほぼ同じ構成だが、もちろん知らずに創ったのだろう。
元祖よりコンパクトで収束まで巧く纏まったのがお手柄。が45手目より11銀不成で早詰。
作意より易しいが余詰む時は得てしてこういうもの。

相馬康幸「機械」 詰パラ1986.8

本作が発表されたとき、詰朗会のメンバーは固まった。
なぜならこの手順は某S氏の「渚にて」という作品で知っているものだったから。
余詰で投稿できなかったのか投稿用紙を書くのが面倒で投稿していなかったのか……。
しかしS氏は「渚にて」を新作といえるまでにブラッシュアップし、25年後に発表まで至るのだった。

本作は香を一度47に動かすことが必要で、そのためにミニ飛車追いを2往復するのが特徴。

「機械」というタイトルは発表時にはあったが作品集では消えている。このブログでは基本的に作品集の時点で配置やタイトルが変わっていたら、それは作者の意思なのでわかる限りそちらを尊重している。しかし相馬氏の『相馬康幸Collection』は1冊で1つの作品を構成しているのが特徴なので、単品でこの作品をピックアップする際は「機械」というタイトルも生きていると判断した。

若島正『盤上のファンタジア』第94番 近将1986.9

37飛が毎回捨駒なのが楽しい。27に合駒は原形復帰の無駄合の形だがそれを移動合にして作品に昇華させたということか。
1サイクルに香の移動捨合と銀の捨合を織り込み、収束も完璧な若島ブランドの作品。
作意手順の誤植を皆気づいていただろうに誰も指摘しなかったのか新版でも誤植のママだった。所謂「お見合い」だ。誤植を見つけたら「多分もう知っているだろう」と思ってもちゃんと指摘しておきましょうという教訓。

橋本孝治『橋本孝治普通詰将棋作品集』第20番 詰パラ1986.10

最初の35歩合は逃げ道封鎖と持駒補充のためだが、2回目の26角は玉方の意思による角の捨合。同角では打歩詰の逃れだ。
趣向自体は既にこの時点でも地味な感じだが、収束まで見事に練れていて、作者が愛情をたっぷり注いで育まれた作品だと感じる。

冒頭に「1986年は4作発表される」と書いた。
次の2作は詰棋めいとに発表された訳ではなく、変幻自斉氏の「リピート趣向考察(1)」という論考で引用されたものだ。

変幻自斉『蘊奥』第166番 詰棋めいと1986.10

2枚角の捌きは素晴らしいが、上田吉一「保津川下り」詰パラ1971.4の斜めの香を縦に並びかえた翻案。
そして余詰だらけである。

変幻自斉『戯玉上巻』第44番 詰棋めいと1986.10

本作については雑談のまた雑談で取り上げたい。
本作も余詰がある。49角のところ38角が成立する。
なおT-Baseには82歩が玉方で登録されているが攻方が正しい。

「詰将棋雑談(77) 香剥総浚[其の十一]」への7件のフィードバック

  1. 佐藤達也氏作の44成銀は43成銀が正しいはずです。
    (出題時の44成銀が誤植、というニュアンスだったかと)

  2. 国立国会図書館デジタルコレクションの「個人向けデジタル化資料送信サービス」のおかげで、自宅で近代将棋が読めるようになったので、佐藤達也氏作の結果発表号を見てみたら、以下のように書かれていました。

    「ところで、本局は発表時の図では4四成銀
    と誤植されたため、三枚目の香を取ったとこ
    ろで、1一銀、2一玉、3三桂…とする早詰
    があります。実は作者の投稿図は4三金の形
    でさらに詰方5三銀と玉方3五歩があって、
    四枚の香を取ってから1一銀…3三桂…とす
    る67手詰でしたが、75手の余詰が見つかり、
    そちらを作意にして修正したもの。この4三
    成銀の案で形もすっきりした上に、繰返し手
    順も一回増えてよくなりました。」
    「近代将棋」1986.3 p154より

  3. 自宅で近代将棋が読めるなんて凄いですね!
    小池さんもブログで書いていましたが、誰でも簡単に利用できるのでしょうか。
    試してみなくては!

  4. 岡本さま!物凄くウロウロした挙句、なんとか申し込みました。
    特に下のリンクがわかっていれば1時間は早く申請が終わったと思います。
    もっと気が短い方のために下のリンクを張っておきます。

    https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/userreg

    ここにメアドを入力すると申請ページへのリンク付きのメールが届きます。
    免許証の画像(jpgかpng)を用意しておく必要があります。

    五営業日と書いてあったけど、今は物凄く混んでいるようで承認されるまで時間がかかりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください