詰棋書紹介(59) 千早城


高木秀次詰将棋秀作選 千早城 高木秀次 全日本詰将棋連盟 1993.8.1
続きを読む 詰棋書紹介(59) 千早城

詰将棋創作講座を読む(15)  田中至『詰将棋考』の続き

本日は第3章Aの字を紹介する。

続きを読む 詰将棋創作講座を読む(15)  田中至『詰将棋考』の続き

詰将棋入門(78) \(ウムノフ\times 3\)

伊藤看寿 『将棋図巧』第36番 1755.3

現代ルールで割り切れている13手の短篇。

続きを読む 詰将棋入門(78) \(ウムノフ\times 3\)

いっこの積木(15)

『いっこの積木』は風みどりの詰将棋作品集としてまとめる予定です。

第1章 5手詰

5手詰を盤面駒数の少ない順に並べますので是非感想を聞かせてください。

風みどり 日めくり詰め将棋カレンダー2011

同一作があるんじゃないかといまだに心配。
同一手順はあるんじゃないかなぁ。

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想でも歓迎です。

続きを読む いっこの積木(15)

とりとめもなく

19日朝日夕刊

『野村量の詰将棋560』の紹介記事が載りました。
今夜は注文がジャンジャンくる夢を見て眠ります。
ありがとうございました>村瀬記者

全国の将棋道場・将棋教室の皆様へ

詰パラ会員やネットにつながっている将棋ファンには『野村量の詰将棋560』も少しずつ知られていくと思うのだけれど、詰パラは読まない・ネットにもつながっていない将棋ファンにどう本の存在を知らせていくかがも問題です。
そう考えて打った手は、全国の将棋道場で本を売っていただく協力をお願いすることでした。
それで、グーグルマップで確認しながら50の将棋道場・将棋教室に日本郵便メールを送りました。
5通(1割!)は「宛所に尋ねあたりません」で戻ってきてしまいました。(コロナの影響で閉じてしまった道場でしょうか?)
反応があったのは2件。発注もくださったのが1件でした。

手紙が届かなかった将棋道場・将棋教室で、販売に協力してくださる方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。
卸値等の条件についてお知らせいたします。

たまには<追記あり>タグをクリックしてください

人間がいい加減なもので、よく嘘を書いたりしてしまいます。
いや嘘を書くつもりはないんですが(たまにしか)、間違いを書いてしまうことがあります。
それをコメントやメールでご指摘いただいて、あわてて修正するなんてことが日常茶飯事です。

小さなものは(追記:xx.xx.xx)とするだけですが、重要な訂正・追記をしたエントリーは<追記あり>のタグをつけています。

つい先日も、図巧#20は無駄合概念を使わないと変長ではないかと書いたら(妙手説なんで#20は現行ルールでは変長には違わないのだが)、小林さんからコメントをもらって、やっぱり無駄合概念使わなくても大丈夫だと修正しました。

ということで時々<追記あり>をクリックしてください。

詰棋書紹介(58) 詰物語


詰物語 森長宏明 詰将棋研究会 1995.11.1
続きを読む 詰棋書紹介(58) 詰物語

詰将棋雑談(25) 78馬は無駄合ルールによる?

詰将棋入門(76)で伊藤看寿の『図巧』第20番を取り上げた。

伊藤看寿 『将棋図巧』第20番 1755


この作品の6手目だが

なぜ67馬ではないのだろうか。
続きを読む 詰将棋雑談(25) 78馬は無駄合ルールによる?

詰将棋入門(77) 桂馬の替りに馬銀を渡す

伊藤看寿 『将棋図巧』第27番 1755.3

第17番の発想に至る通過点となった作品かもしれない。
しかし、斬新な狙いであり、その表現がまた素晴らしい。

続きを読む 詰将棋入門(77) 桂馬の替りに馬銀を渡す

いっこの積木(14)

『いっこの積木』は風みどりの詰将棋作品集としてまとめる予定です。

第1章 5手詰

5手詰を盤面駒数の少ない順に並べますので是非感想を聞かせてください。

風みどり chun詰将棋の杜 1999.2以前

半年前にもお見せした図ですが、順番なのでまた出てきました。

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想でも歓迎です。

続きを読む いっこの積木(14)

詰棋書紹介(57) 怒濤


山本昭一作品集「怒濤」 平井康雄 創棋会 2003.12.27
続きを読む 詰棋書紹介(57) 怒濤

詰将棋で遊びましょう