詰将棋のルール論争(8) 無駄合のつづき

1 詰将棋の範囲

1-4 無駄合

このエントリーはルール論争(7)無駄合 のつづきです。

【図21】と似た図を思いつきました。これは無駄合でしょうか?
玉方の持駒に注意してください。

【図25】

さて,この無駄合ですがどうも詰将棋特有の概念のようです。
チェスプロブレムには無駄合という考え方はありませんし,フェアリールールのばか詰でも昔は透かし詰が認められていましたが1992年7月以降は禁止されました。

それでは詰将棋でも無駄合を禁止することは可能なのでしょうか?

無駄合の禁止によって透かし詰が認められなくなるだけならば,超短編詰将棋や曲詰に影響がある程度かもしれません。
しかし,話はそれだけにとどまりません。

【図26】は易しい7手詰です。

【図26】

    19金、39玉、49金、同玉、59飛、48玉、58金まで7手詰

一見無駄合とは関係のない作品のように見えます。
しかし,そうではありません。
もし,無駄合を認めないとすると,この作品は
19金,同玉,13飛,14歩,同飛成,15歩,同飛成,16歩,同飛成,17歩,同飛成,29玉,18龍,39玉,38龍まで15手詰歩5枚余り
という不完全作になってしまいます。

1-4-1 復元型無駄合

原形復帰型無駄合とか復元型無駄合とかまだ名称はゆらいでいますが、加藤さんの「詰将棋メモ」にあわせて復元型無駄合とします。

これは馬鋸が発生起源の概念のように思います。
(見たこともないのに想像で教える歴史教員の如く書いてみますと)
【図27】は「象戯大矢数」1697.6番外の図です。
【図27】

72馬、91玉で【図28】

【図28】

ここから73馬~63馬~64馬~54馬~55馬~45馬~46馬~36馬と馬鋸をすすめます。
91玉では37馬から27馬と桂馬を取られてしまうので、ここで72歩と間駒をすると

【図29】

同馬と取るしかありません。【図30】となります。

【図30】

【図28】と【図30】を比較すると攻方の持駒だけが無条件に歩1枚増えています。

これを17回繰り返して300手を超える長篇と喧伝されたこともあるようです。

通常の無駄合は線駒の位置を移動させますが攻方の持駒が増えます。
この場合はまったく局面は変化しないのに攻方の持駒だけが増えます。
つまり72歩という手は、玉方の受け手なのに玉方に利することが皆無の着手だということです。
(通常の合駒よりも!)

そこで72歩は無駄合としようとなったのだと思います。
手数は2手所でなく18手も伸びるのですが。

状況を単純にしたのが【図31】です。

【図31】

  • 47角、38歩合、同馬、18玉、36角、27桂合、同馬、29玉
    これで同じ局面が復元され、攻方の持駒が増えています。
  • そこで38歩合は無駄合とすると
    47角、39玉、38馬まで3手詰

この無駄合の考え方は馬鋸のみならず龍鋸や龍追いなど様々な長篇に応用可能です。
しかし、幾度も議論になってきました。

最近では「詰将棋おもちゃ箱」の加藤徹さんの復元型の無駄合が問題提起と提案をしています。
筆者も摩利支天「STARSHIP TROOPER」の解説をしているので無関係ではないのですが、このテキストはこのような論点があることを示すのが目的ですので、これ以上は踏み込まないことにします。

ひとつだけ、用語についてなのですが、復元型無駄合ではなにを復元するのかちょっと分かりにくいので、盤面復元型無駄合と呼ぶことを提案します。
上の文章では局面と使っているのですが、使ってみて反省したのです。
局面という言葉は攻方・玉方の持駒も含めた概念だと思うので、持駒以外という意味を強調して盤面といれました。

最後に大矢数の手順を気になる方もいらっしゃると思うので紹介しておきます。

象戯大矢数 番外 1697

 

詰棋書紹介(34) 七手詰傑作集


詰将棋パラダイス第68号-2臨時増刊 七手詰傑作集

筆者が所持しているのはリコピー版なので,発行日などの記載がない。
おそらく1961.9だろうか。(表紙は筆者の手製)

棋力テスト七手詰傑作集100番とタイトルにある。
しかし101題載っている。

当時の筆者は最初71題しか解けなかった。(各題5分以内の制限付き)
2回目の挑戦で94題解けた。

解けなかった作品をいくつか紹介する。
ので解けたら当時の筆者より優秀だ。
(ちっとも自慢になりません)

詰棋迷人 7手詰傑作集第36番 詰パラ1956.9

一一一 7手詰傑作集第72番 詰パラ1960.3

大沢一宗 7手詰傑作集第76番 詰パラ1960.9

森克正 7手詰傑作集第83番 詰パラ1961.2

続きを読む 詰棋書紹介(34) 七手詰傑作集

詰将棋入門(53) 箱庭型無仕掛

谷向奇龍 あさぎり 第68番 詰パラ 1956.1

作者曰く

今までの無仕掛図式は、玉将の逃げ道を塞ぐ玉方の駒が配置され、無仕掛とは名のみ、2,3手で簡単に手掛かりが出来,……中略……手掛かりのつきやすい飛車はなし、桂馬を打っても取られてしまう、と云う変な作品を作り上げました。

「あさぎり」解説より

続きを読む 詰将棋入門(53) 箱庭型無仕掛

原稿募集します

シリーズごとに微妙に文体をかえていますが,このブログは今のところ風みどりが一人で書いています。
しかしさすがに100日以上もオイラの文章バッカシでは飽きると思うので,投稿原稿を募集いたします。
続きを読む 原稿募集します

詰将棋創作講座を読む(7) 伊藤果「詰将棋の創り方」より

1冊まるごと「詰将棋の創り方」です。
類書はちょっと思いつかない貴重な本です。
続きを読む 詰将棋創作講座を読む(7) 伊藤果「詰将棋の創り方」より

詰棋書紹介(33) からくり箱

からくり箱 酒井克彦 角ブックス 2013.7.14
続きを読む 詰棋書紹介(33) からくり箱

詰将棋入門(52) 実戦形から馬鋸

谷向奇道 詰パラ 1955.2

いつもながらネタバレのタイトルどうにかならないかと思うが、上級者の方はタイトルを読まない技をなんとか研究していただくことにしています。
続きを読む 詰将棋入門(52) 実戦形から馬鋸

詰将棋雑談(13) 双玉図式

詰将棋入門(45)の古関三雄作をみて、若島正の看寿賞受賞作を思い出した方も多かろう。
といっても若い方も多いと思うので、思い出した作品3つを並べましょう。
続きを読む 詰将棋雑談(13) 双玉図式

詰棋書紹介(32) 一番星

一番星 波崎黒生・中野和夫詰将棋作品集 中野和夫 角ブックス 2015.7.19
続きを読む 詰棋書紹介(32) 一番星

詰将棋入門(51) 実戦形

田代達生 将棋評論 1948.5

田代達生は非常に長い間創作を続けた大先輩。
続きを読む 詰将棋入門(51) 実戦形

詰将棋で遊びましょう