詰棋書紹介(67) 蘊奥(上巻)


蘊奥(上巻) 変幻自斎(著者・発行者) 1985.5.10

変幻自斎(斉)・異絵州桐人・阿蘭努論・己条貴人・播磨宗斎・盤道尽一・天変地異・机書斎などのペンネームで長編作・条件作を量産した氏の6冊目の作品集。
それまでの集大成となっている。

  • 舞扇上巻から5局
  • 幻想図式上巻から35局
  • 戯玉集上巻から30局
  • 戯玉集下巻から20局
  • 妙華集から30局
  • 既発表作から30局
  • 未発表作から20局

最近は詰パラには短・中編しか発表していないので,長編創作はやめたのかと思っていたら,「暁将棋部屋第4号」「暁将棋部屋第5号」にそれぞれ20局以上発表していて,まだまだパワーは衰えていないことを示した。(つみき書店で購入できます)

しかし,最近は「柿木将棋」などの検討ツールがあるので一概には言えないが,このように専門誌に発表せずにいきなり作品集をまとめるのはお勧めできない。

なぜならやはり余詰や誤植が多いのだ。

詳解する1作を選ぶために,筆者の好きな香剥がしにしようと思ったが,なかなか余詰がない作品がみつからず困った。
そういう訳で下図は香剥がしとしては複雑な部類ではない。
もっと合駒の変換が華々しいのが作者の持ち味だ。

変幻自斎 『蘊奥(上巻)』第12番

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください