詰棋書紹介(80) すなどけい



すなどけい 松田圭市 北海道IT出版 2012.8.31初版 2012.9.28第2版

この本は出版されたときにレビューを書いた。
しかし10年近く前の話だからもう一度書いてもかまわないだろう。

作者ご本人がこの頁を読んでくれているので書きにくいが、この作家の短編のセンスは抜群だ。
最新流行のテーマ創作ではないのだが、キラリと光る狙いを、現代的な好形で表現する。
決して難しくはないが、初心向きでもない。
〇〇賞受賞といった派手な肩書きは持っていないが、実はもっとも需要が多い、即ちファンが大勢ついてしかるべき作風だと考えている。

これ、決して私だけの感想ではない。
先日遊びに来たKさんも「松田圭市は上手い」と誉めていた。
また若い人が書いている『青い鳥2020』を読んでいたら、お勧めの作品集に『すなどけい』が、好きな作家にも松田圭市の名前があがっていた。

本書は私は3冊持っていたので、1冊は残して2冊を古書で販売したらあっという間に売切れた。

やはり隠れた人気作家なのだ。

松田圭市 『すなどけい』第48番 日めくり詰め将棋カレンダー2009.1.7

5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください