いっこの積木(53)

第4章 30手40手台

7手詰にも飽きてきたでしょうから、ここで中編後期(?)の作品を片付けてしまいます。
たまに難しいのもありますが、基本的にオイラの作品は易しいので考えてみてあげてください。

風みどり 風みどりの玉手箱 2000.1改

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。


(52)に引き続き、本作も誤解狙いの性格悪い作品。
序盤の変化は読み飛ばしておK。

要は17桂が変化に必要なので序盤で存在意義を与えたと云うだけの話。
この素材は何人かが作品化していて、流石と思うのは若島作他いくつもある。

ミーナ し、しまった!捨合があることに今気がついた。人が悪いなあもう。
神無七郎 初形は持駒が多いのでちょっと手をつけにくい感じです。
由良祇毘 やはりすごいなーと思ったのは2枚の桂の捌きです。どちらも120%の働き。解けて満足です。
昨日の猿 すいすいと難渋なく進めて詰上がり、と思っていたらやられましたー。▲1七桂の意味をもう少し考えるべきでした。



いつも解答ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください