詰将棋入門(161) 邪魔駒2枚消して1歩を入手

三代伊藤宗看『将棋無双』第6番 1734.8

《注意》本作は不詰です。


39龍が遠くから睨みをきかしているが、当面、53から上部に逃げられそうなのが気になる。

52角成、同玉、51桂成、同玉、

以下、素直に進めると…

52歩、62玉、63角成、61玉、
51歩成、同玉、

52歩に同玉は63桂成で早い。
63角成に71玉は74香以下早い。
そこで61玉。
71玉にするのに62歩と1歩使ってしまうと駒が足りなくなる。
そこで51玉の形にして、香1枚で左辺に追い込むことを考える。

53香、61玉、52香成、71玉、62成香、82玉、
72成香、93玉、

39龍を働かすしかない。

94歩、同玉、99龍、98歩、同龍、同龍、
85馬、93玉、94歩、同龍、同馬、同玉、

【失敗図】

これで手が止まる。
あと一歩。
いやあと一歩あれば詰むのだが。

これはいかに1歩を入手するかという謎なのだ。

【再掲図】

正解はここからの玄妙な10手で1歩を入手する。

43桂不成、61玉、51桂成、同玉、

55桂の原型消去—これは何のためなのか。

41銀成、61玉、51成銀、同玉、

続いて32銀の原型消去。
この意味は次の手で明らかになる。

58香、

同龍は31龍までの1手詰。
では61玉と逃げると…

   61玉、62歩、71玉、79龍、

   82玉、73龍、93玉、83歩成、同金、
94歩、

【変化図】

同玉なら85馬以下84馬~83龍まで。
92玉なら、81馬と捨てて同玉に83龍だ。

そこで58香には…

   57歩、

57歩は56でも55でも同じだ。
とにかく48龍の横利きを通さないと79龍で簡単に詰む。

(57)同香、61玉、52香成、71玉、62成香、82玉、
72成香、93玉、

94歩、同玉、99龍、98歩、同龍、同龍、
85馬、93玉、94歩、同龍、同馬、同玉、

【失敗図】とは持駒に歩が1枚多い。

95歩、84玉、94飛まで43手詰。

収束間際は手順前後がある。
龍を回るのは馬を引いてからでもいいし、98同龍とするのも馬を引いてからでもよい。

しかし、55桂と32銀は有力な攻め駒だったのに、それを2枚とも原型消去して98香の限定打。
その目的が1歩を得るというだけとは劇的な演出だ。

そして難解な変化がこの狙いをさらに盛り上げる。

例えば下図は41銀成に同龍ととった図。

(41)同馬、61玉、51飛、72玉、32龍、62歩、
73歩、同玉、71飛成、64玉、75龍、54玉、
56香、44玉、55龍まで31手詰

【変化図】

下図は51成銀に同玉でなく71玉と逃げた図。

74香、82玉、73香成、93玉、83成香、同金、
同歩成、同玉、73金、93玉、94歩、92玉、
32龍、42歩、74馬、81玉、82歩、71玉、
61成銀、同玉、41龍、51歩、83馬、71玉、
51龍まで43手詰

【変化図】

下図は43桂不成を同龍ととった図。

41銀成、61玉、62香、71玉、79龍、

【変化図】

以下は58香に61玉の変化と同様だから省略。

下図は51桂成に71玉と逃げた図。

79龍、78角で不詰。

以下手はあるが詰まない。
伊藤宗看にして何を見落としたのか。

補正図として松井雪山氏の攻方27銀および29桂を追加する案がある。
しかし谷川本でそれでは初手から31銀不成以下の余詰があると指摘されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください