詰パラ4月号

石川和彦さん同人入り

小学校で石川さんが入選100回。
おめでとうございます。

石川さんというと「詰将棋の詩」で初めて作品を発表した頃の実戦型のイメージが強いのですが、
いつの間にか中段玉の短編作家へ転換。

100回目は双玉にも挑戦。

オイラも頑張らなければなぁ。

おや、お隣の中出さんはいつの間にか403回!
400回記念出題とかはしないのかな?

利波さんも年内に同人入りしそうですね。

大学院

院7井上作は注文制作。
こういう趣向を創ってくださいなとのお願いが結実した作品だ。
結果、いままでに見たことのない趣向作品が完成した。

院8は初形を見て判るとおり、作者の根性と執念が詰め込まれた作品。
解くのにも気合いが必要かもしれない。
採点も厳しめでいきます。

半期賞

中学校も2作受賞。
そうそう、後世に残したいと思う作品は、全部受賞させるべきなのです。
院も3作受賞させてくれとお願いしたことがあったが、「基本1作で、多くとも2作」と編集部からの返事。
今期も院からは2作推薦させてもらいました。

高坂さんなら「若島さんに半期賞あげたって意味ないよ、本人だって何回目かも覚えていないと思うよ」と言うかなぁ。
何回か覚えていないのはその通りだと思うけれど、この作品は記録に残す必要があると思うのですよ。

ちなみに、本作の元となった2つの短大級の作品があるのだけれど、そのうちの一方が短大で出題され、今月号で解説されている。
短評を読む限りでは、これでもテーマが解答者には直截的には伝わっていないようだ。

詰将棋はすべて「絶連」なのであって、それをどう読むかは解答者の創作なのである。

漫陀楽

おぉぉ!
これは垂涎の作品集(?)
目次とかあればもっと具体的に解って良いのにな。
それでもさっそく注文しました。

ただ創棋会さんの発行する作品集は高価い!
普及版も造って欲しいとお願いしておきます。

大学院解説

山崎作の解説で単純往復3往復は初めてかもと書いたら、磯田さんから「木遣唄集」を読めとメールを頂いた。
そうでした。「馬子唄集」はコピーをとって置いたのに、「木遣唄集」はなぜか失念していた。
「詰棋めいと」を発掘しなくては……。

カテゴリー: 詰将棋 タグ: , , パーマリンク

詰パラ4月号 への4件のフィードバック

  1. EOG のコメント:

    飯尾です。
    短大若島作、私は「まさしく飛香先飛香歩」と書いたのですが、やはり的外れ?

    • 風みどり のコメント:

      なるほど、おっしゃるとおりですね。
      その意味では1号局でしょうか。

  2. 奥鳥羽生 のコメント:

    「汗顔の至り」
    院解答参加の言は、軽い挨拶代わりの私信のつもりだったのに、
    総評ではない総評として1月号結果稿に掲載されてしまったが、
    早くも2月号で挫折し無解答、3月号も1問だけの体たらく。
    4月号も気合いが必要とのことで・・・。

    • 風みどり のコメント:

      目標は「解答を送る」ですから(^^;
      解けなかったら無解で送ってください。

      それはともかく、みなわなくてはいけないなという気持ちで公開してしまいました。
      上のコメントの飯尾さんもおそらく同じ思いで、今年は解答を下さっているのだと思います。

      ところで最後の小林徹さんの異言…どういう意味なのでしょう。どなたかこっそり教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.