詰パラ12月号

EPSON MFP image

もう世間では1月号が出回っているらしい。

いまさらだが12月号について。

それにしても、雑誌の類は定期購読の読者には一般書店に並ぶより早く届くのが普通だ。
週刊将棋だって火曜には届くし、将棋世界だってもう来月号が昨日届いていた。

なんでパラだけ逆なんだろう?

理由を想像してみる。

  • 大口の連盟や書店向けには郵便でなく宅配を使っているから早い。
  • 大口の連盟や書店向けには製本所から直接送るよう委託してあるから早い。
  • 大口の連盟や書店向けを先に発送しているから早い。

ん~、どれだろう。

短編コンクール

おぉ、橋本樹さんがいる。
岩崎さんが初入選?
おぉ斎藤仁士さんもいる。

みるとかわいらしい作品もちらほら。
発表のスペースを考えてのことだろうけれど、50と制限しなくても大丈夫なんじゃないかなぁ。

やさしい大学院

最近、大学院のことがネットでも話題にならない。
おかしいなぁ。質は落ちていないどころか、添川公司の連続登場で大騒ぎになっても良いのだが。

その添川公司がとうとうやさ院にまで登場してしまった。
もちろん、「やさ院」向けの投稿だったのである。

あ、もしかしてここで「剥がし作品」を募集したのに応えてくれたのだろうか。

そうだ、そろそろ2013年6月号のやさ院向けの作品を募集しなくては。

カテゴリー: 詰将棋 タグ: , , パーマリンク

詰パラ12月号 への6件のフィードバック

  1. パパス のコメント:

    今月のやさ院は「やさしく」はないと思うんだけど、どうだろうか。
    これから解答は出しますが。

    • 風みどり のコメント:

      はい~。
      まだ飯尾さんからしか解答が届いていないので心配していたんです~。

      添川作は剥がし方さえ見えれば難しくないと思うので、佐藤作の序ですかね。

  2. 奥鳥羽生 のコメント:

    年初に年間解答参加の目標を立てましたが、短大以上は中途半端に終ってしまいました。
    最後だけはぜひ参加したいと思っています。(あと4日ですが・・・。)
    ちなみに、解答応募しなくても多く(?)の方が解図しているようですね。
    ある会合で某上田さんも、12月号の短コン全題ややさ院3題等を解図されているようで、それぞれについて見解を述べておられました。

    まったく別件でこのコメントを使わせていただいて申し訳ありませんが、パパスさんは大相撲九州場所NHK中継でファンインタビューを受けておられませんでしたか?

  3. パパス のコメント:

    >奥鳥羽生さん
    う~んと、え~と。良くわかりましたね(^^;。
    わざわざ九州まで相撲だけのために行ったのですが、なぜかインタビューまで受けてしまいました。
    けっこう皆が見ているので驚いています(^^;。

    #風みどりさん、私的コメントすいません…

  4. パパス のコメント:

    やさ院解答しました。届いてなかったらご連絡を

    • 風みどり のコメント:

      届いております。
      いつもありがとございます。
      10月の解答が随分少なかったのですが、11月は復活してホッとしています。

      でも3題はきつかったという声が多いです。

      新年からはまた2題に戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.