詰将棋雑談(2) 邪魔駒消去

邪魔駒消去の手筋は直接消去と間接消去の2種類がある。
そう教科書には書いてある。(直接消去をさらに2種類に分ける人もいる)

初心者のために例を挙げる。

こないだ私家版一般戦で発表した自作の部分図が下図。
易しい7手詰。

初手に打った金が邪魔駒になって、4手かけて自爆しているのがわかるだろう。
これが直接消去

下図は今急造した自作。易しい9手詰。

(それにしても、もうちょっとどうにかならんのかい?)

初手に打った銀が邪魔駒になって、これを4手かけて玉に取ってもらっている。
これが間接消去

素直なオイラは、邪魔駒消去の手筋はこの2つなんだと信じていた。
ところが……

教科書を信じてはいけない

と衝撃を受けたのが次の作品だ。

柏川悦夫 詰将棋半世紀第2部盤上流転第49番 近代将棋1967.1

大好きな作品だらけの柏川悦夫作品群の中でも大々好きな作品だ。(語彙が……)
塚田賞も受賞した有名な作品。

この局面で3手目に打った52銀が邪魔駒になっている。

この銀、直接消去も間接消去もできない。

そこで、銀を角に打ち替えてから、その角を直接消去する。

邪魔駒の銀を消去するのに、そのままでは消去できず、角に替えてやっと消去できるという新しい手筋だ。
こんなの教科書に書いてなかったぜ。

始めて見たのは「詰」(野口文庫1975.6.10)の第80番として。
この本、解説がほとんどなくて、当時理解するのに四苦八苦した。
この作品にはちょっとだけあって、それでもこれだけ。

第29期塚田賞(中篇)
塚田九段選評「柏川作、構想の妙もさることながら、19手と短くまとめた処などひそかに感服している。作りようによっては長くなる危険性があるからである。」

さて、やっとこさ本題に入る。

オイラはこの手筋、この柏川作1作しか知らなかった。
ところが、先日、見つけた。

詰将棋入門27で取り上げた小林豊作だ。

証拠をご覧に入れよう。

この局面で43桂が邪魔なのだが、34歩と打っても42玉と逃げられて消去することができない。

そこで43桂を43歩に打ち替えた局面がここだ。
今度こそ、34歩と打って消去することができる。

当初の目的の43桂が消去できた局面がこれだ。

柏川作とまったく同じ構造なのがわかるはずだ。
比較すると次のようになる。

  • 邪魔駒(銀)→(角)→直接消去=柏川作
  • 邪魔駒(桂)→(歩)→間接消去=小林作

いかがだろうか。
ご意見はコメント欄に。


追記(2020.6.22)
軽趣向好作選38の近藤郷作がこのタイプの間接邪魔駒消去。

  1. 4手目の局面で36飛が邪魔駒になっている。
  2. 36飛を38桂に打ち替えて、
  3. 38桂を間接消去する。
  4. これで36飛が間接消去できたことになり28歩以下収束する。

オイラが知らないだけで、このナラティブはたくさんあるのかな?

「詰将棋雑談(2) 邪魔駒消去」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください