詰棋書紹介(33) からくり箱

からくり箱 酒井克彦 角ブックス 2013.7.14

解題の角建逸氏の文章から

少ない駒数から、鋭い狙いを実現し、着地まで見事に決まる作品群–酒井氏は詰将棋作家の憧れの存在だった。

序文の若島正氏の文章から

酒井さんのように、短篇的な意表外の一手という作り方を基本にしていた作家が、その作風を保持しつつ、さらに中篇的な手の流れを身につければどうなるか。それが、中期から後期にかけての作品群である。それは間違いなく,中篇詰将棋としての最高の達成に数えられる。

遺作集でもあるし,貶すわけはない。
では褒めているかというと,酒井克彦のファンだったら「さほど褒めていないんじゃない」と感じるだろう。
そう,酒井克彦は詰将棋作家の憧れの存在なのだ。詰将棋としての最高の達成を実現させる人なのだ。関半治氏をして超一流作家と言わしめる存在が酒井克彦なのだ。

なら,お前が褒めてみろといわれるだろうが,ごめんなさい筆者にはとても文才が足りない。
作品集を手に取って,ご自分で確認してほしいと書くしかない。(もちろんつみき書店で購入できます)

酒井克彦 からくり箱 第40番 近代将棋 1976.6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください