いっこの積木(48)

第4章 30手40手台

7手詰にも飽きてきたでしょうから、ここで中編後期(?)の作品を片付けてしまいます。
たまに難しいのもありますが、基本的にオイラの作品は易しいので考えてみてあげてください。

風みどり 詰パラ2006.6

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。


濱川礼—作者のセンスを感じさせる軽快作。
天津包子—それで54桂だったのか。
野口健治—欲張り解答者としては詰上がりの駒が一つ多いような気がする。

この素材では厳しいですねぇ。

弘光弘—作意は平凡だが、変化にいい手あり。

無理に誉めてくれたのかな?
序のちょっと盲点に入るかもしれない変化ならいいんですが、86馬のことだったらかなりマニアを拗らせているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください