北原義治作para1969-1

先日、佐藤さんから「久しぶりに新作が出来た」と1作みせてもらった。
その作品は、もちろん紹介できないが、その作品を解いて思い出したのが北原義治作。

で、T-Baseで検索してみた。
SA=北原義治
だけでは1000局もでてくるので、TE=21-27と掛け合わせて絞った。

が、みつからない。

そこで
33角同角生32玉21角
で手順検索した。

そこで見つかったのが下図。


北原義治作 詰パラ1969-1
61角成、44歩、同香、32玉、43馬、22玉、33馬、21玉、
22馬、同玉、43香不成、33角、同角不成、32玉、21角、同玉、
22歩、32玉、42香成まで19手詰

あれ?
記憶より手数が短い。
これじゃ、最初の検索で引っかからないのも当然だ。

で、次に疑問に思ったのは…

なんで55角を55馬にしないんだろう?

  • 余詰がある
  • 角打ちの非限定を嫌った

わからない。
バックナンバーを探って、解説を(なんと担当は肉うどんさん!)読んでみたが、その点については触れられていなかった。
そこで、ここに書いて皆さんの意見を聞こうと思った。
が、書いていてふと思い出した。

この作品、「独楽のたに」に収められている。

確認して疑問は氷解した。
「独楽のたに」#56の図は、55馬だったからだ。

やっぱり、T-Baseには単行本も収録してもらえないかなぁ!
作者の改良した、ある意味、最終図がデータベースにはないというのは悲しい。

2 thoughts on “北原義治作para1969-1

  1. 北原さんは例の収束といい、同じパターンを使いすぎるのがウームという感じです。
    一つ一つの作品は手順として悪くないのですが、同じ展開を何度も見せられると、
    高い評価にはつながらないと思うんですよね。

    1. おっしゃるとおりですね。
      結果発表では2位でした。

      本作、1969年の段階では既に「何度も通った道」になっていたと思います。

      若島正–出涸らしの番茶を飲むが如し
      なんて評も貰うくらいですから。

      でも、このように易しくて、それでいて好手満載の作品は、需要あると思います。
      本作など、紛れはないのに、歩を中合で入手、43馬の邪魔駒消去、香生、角の捨合、角生と豊富な内容。教科書に載せたい仕上がりだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください