いっこの積木(64)

第5章 7手詰つづき

第4章も終わり。
続いて7手詰の残りを一気に並べていきます。

風みどり 将棋天国1981.1

  • 感想を貰えたら喜びます。
  • その感想は作品集に収録させていただく可能性があります。
  • 正解はこの下にあります。
  • 正解を見ての感想も歓迎です。


微かな記憶によれば……32飛、23玉、22飛成、同玉、23金までの5手詰をみて、23を角にすれば、この作意を変化にもらって美味しい7手詰ができるんじゃないか……と作った。
盗作と紙一重なので、よい子の皆さんは真似をしないように。

「いっこの積木(64)」への2件のフィードバック

  1. 詰将棋はどこからか創作かは難しい問題ですよね。「すなどけい」は今のところ同一作はひとつだけですか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください