「2_つみき書店」カテゴリーアーカイブ

詰将棋全国大会@桑名に参加してきました

普段は眠るときはタイマーつけてエアコンは夜中に止めるのですが、この時はいわゆる寝落ちしてしまい朝になって寒さに震えて目覚めました。
それ以来、数年ぶりに体調を崩してしまいました。
右足も体重をかけると痛くて歩くのもしんどい状態。
でも、こちらは何回か経験あることでそのうち治るだろうと思っていましたが、熱っぽいのは本当に久しぶりで参りました。
続きを読む 詰将棋全国大会@桑名に参加してきました

【夏合宿】参加者募集そろそろ締切ります

そろそろキャンセル料が発生する刻限が近づいてきましたので、夏合宿の参加申込み締切を7月5日(水)に設定します。それまでに奥方(もしくは旦那さん)を説得ないしは籠絡しておいてください。費用の捻出も目途を立ててください。

日程を再掲します。

  • 日時 8/19(土)15:00 現地集合
       8/20(日) 10:00 現地解散
  • 場所 休暇村・奥武蔵のログハウス
    埼玉県飯能市吾野72番地
    https://www.qkamura.or.jp/musashi/cottage/
  • 交通 西武池袋線池袋駅から急行で約70分、「吾野駅」より休暇村送迎バス
  • 料金 22,800円(ビュッフェの夕食・朝食付き。大浴場、露天風呂利用可)
  • 定員 14名予約しています。小林敏樹・角建逸・風みどりは参加確定なので募集は1112名です。定員に達し次第、締切ります。
  • 申込 メールでkazemidori+tsumiki@gmail.comまで。
  • 参加予定者 角さんが仕事で参加できなくなりましたので、現時点での確定は風みどり・小林敏樹・Sさん・Iさん・Kさんの5人です。
  • 企画 特になし。人数が確定したら考えましょうか。各自やりたいゲームなどを持ち寄ってください。盤駒は角さんが運んでくれるはず。

日程はたま研が8月12日なので、翌週のここしかないと決まりました。
杉の宿みたいに夜遅くまで騒いでも差し支えない場所ということで、小林さんの推薦でログハウスにしました。
時期としても料金が高くなるのですが、普通の宿では深夜まで騒ぐのは憚れますから仕方ないとなりました。

初めての方も歓迎です。質問があったらご遠慮なくメールください。

つみき書店は印税を…いつの日か…支払います

普通の本屋は、本を出版しようと思ったら、原稿料や印税、組版代や画像の使用料、印刷・製本費などを払って本を作ります。
それを東販や日販などの取次に1年間委託販売を依頼します。1年後に売れ残った本が返ってきて、売れた分の代金が何ヶ月か先に割れる手形で支払われます。
これではオイラなどの個人事業主では2年に1冊しか本が出せません。
続きを読む つみき書店は印税を…いつの日か…支払います

[定期]不要になった詰棋書を売ってください

つみき書店おうえん会員(有料)がアクセスできる奥座敷掲示板では、入荷した詰棋書の先行公開を実施しています。レアな詰棋書が入荷した場合に優先的に入手できるという特典な訳です。
今までに25回の先行公開を実施してきました。

そろそろ読まなくなった詰棋書はありませんか?

excelでリストを作って送ってくだされば、折り返し見積りをお返しします。
喫煙者かどうかもご記入ください。

経営分析

つみき書店1年目がたしか40万くらいの赤字。
2年目は20万くらいだったっけ?
3年目は2万円の赤字。
トータルで62万ぐらいか。
6冊本を出しているから1冊当たり10万円。
そしてたくさんある在庫もいつかは売れると思うから、これはまずまず悪くない数字であるといえる。
どうもオイラには経営者の才能もあったようだ。

『夏休みの自由研究』は今年は別の企画にします

詰将棋全国大会でつみき書店の宣伝をしようと制作した『夏休みの自由研究2021』は全国大会が開催中止ということでいくつかの会合で配布していただいたり、つみき書店で商品を購入してくださった方へのオマケとして配りました。これはすべて配布しきりましたのでpdfで公開しています。→コチラ
続きを読む 『夏休みの自由研究』は今年は別の企画にします

三手詰祭5について

詰将棋創作チョー入門の今回の課題は変化が1つはある三手詰
そんなの当たり前のことでわざわざ課題にするほどのことではないではないかといぶかしく思っていられる方がいらっしゃることだろう。
理由は二つ。

  • チョー入門課題であること
  • 前回の三手詰祭4では変化がない作品が20近くあったこと

というわけで今回はフツーに三手詰を作ればほぼ課題に合致するのでした。