詰将棋入門(48) 「新扇詰」

奥薗幸雄 「新扇詰」 近代将棋 1955.1


龍追いによる超長手数作品。
200年の長きにわたり、最長手数の詰将棋として揺るがなかった看寿の「寿」611手詰をついに抜いた有名な作品。


67金、同と、59香、58と、同香、同成銀、

4手目の58とがうっかりしがちな合駒だが、これはやけくそ中合(この場合は捨合だが)と呼ばれる現象で、どうせ取られるなら2手伸びる取られ方をする。玉方最長ルールによって出現した徒花のような手筋である。

【1週目start】
まずは質駒を回収する。

67龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
83香成、同桂、72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、
97龍、76玉、67龍、

67龍で折り返す。
「寿」と異なり、左辺での折り返しに消費する駒は無い。


86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、36龍、57玉、
69桂、同成銀、58歩、

44飛が47龍を妨げている。
中央での折り返しに両王手を用いるため58歩と1歩を消費する。
この形、「寿」では9筋で行っていたのと同じ形である。
【看寿「寿」51手目】

奥薗幸雄が「寿」をベースに創作したことがうかがえる。
「寿」ではこの両王手を利用して、77桂で3枚のと金を剥がす。
すると「新扇詰」では38桂でと金を剥がすことになるのだろうか。
配置を見ると、いかにも剥がす対称のような2枚のと金がみえる。

【再掲図】
同玉、38龍、57玉、
【2週目start】
58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、21龍、

21歩の質駒を取る。


62玉、61龍、73玉、72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、
86玉、97龍、76玉、67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、
84玉、94龍、73玉、83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、
42玉、41龍、33玉、32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、
46玉、36龍、57玉、58歩、同玉、38龍、57玉、
【3週目start】

1歩消費するので、【2週目start】と比較すると21歩が消去されたことになる。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、22龍、51玉、11龍、

62玉、61龍、73玉、72龍、84玉、83龍、95玉、
94龍、86玉、97龍、76玉、67龍、86玉、87龍、95玉、
96龍、84玉、94龍、73玉、83龍、62玉、72龍、51玉、
61龍、42玉、41龍、33玉、32龍、24玉、23龍、35玉、
25龍、46玉、36龍、57玉、58歩、同玉、38龍、57玉、
【4週目start】

同様に11歩が消去された。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、12龍、

これで初めて持駒にが加わった。
もう質駒は見当たらないが、この1枚の香のお陰で使っても減らない持駒が入手できる仕掛なのだ。

51玉、21龍、62玉、61龍、73玉、72龍、84玉、
83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、67龍、86玉、
87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、83龍、62玉、
72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、32龍、24玉、
23龍、35玉、25龍、46玉、26龍、

持駒香の恩恵がこの局面で26龍とできるようになったことだ。
14角の利きを生かしておく王手。
57玉には……58香で詰み!
これまでは持駒に歩しか無かったので、58歩は打歩詰の反則だったのだ。
これまで26龍でなく36龍としてきたのは打歩詰回避の好手だったわけだ。

もちろん玉方も対抗手段を講じてくる。

36香、

「寿」では25香という守備駒を配して、それを守るために37桂合とした。
1歩消費するが桂を入手できるという仕組みだった。

「新扇詰」は1歩消費するが香を入手できるという仕組みであるわけだ。

同龍、57玉、58歩、同玉、38龍、57玉、

【5週目start】

まだ、持駒に歩が残っている。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、
67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、26龍、36香、

同龍、57玉、58歩、同玉、38龍、57玉、
【6週目start】

これで持駒はすべて香になった。
次からは58香と捨てざるをえないから、また36香合されたとしたら千日手になってしまう。
しかし、55香の配置に注目するべし。
4枚目の香はここにある。
ということは、玉方の持駒に、もう香は残っていないのだ。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、
67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、26龍、36桂、

いよいよ桂馬が入手できた。
と金を剥がす大事な駒だ。

同龍、57玉、58香、同玉、38龍、57玉、
【7週目start】

次の周回のテーマはもうわかっている。
看寿の77桂に対応する38桂だ。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、
67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、38桂、

同と引、26龍、36香、

ここで同と引と39とで桂馬を取ることが限定されている。
28とでとってしまうと、39も38も塞がれて壁となってしまうので、
同龍、57玉、58香、同玉、46龍で簡単に詰んでしまう。

このような剥がされると金の順番は限定されていないのが普通だが、「新扇詰」は精密に造られている。


同龍、57玉、58香、同玉、38龍、57玉、
【8週目start】

384手にしてやっとと金を1枚剥がすことに成功した。

持駒を見ると「香香歩」桂馬を捨ててと金を取ったのだから当然だが、これは【5週目start】の時の持駒だ。

看寿「寿」は歩を桂馬に替え、桂馬を捨ててと金をとって持駒歩になる構成だった。

「新扇詰」は歩を香に替え、香を桂にかえ、それが歩に戻る。
ここが奥薗幸雄が心血を注いで改良した最重要ポイントであろう。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、
67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、26龍、


36香、同龍、57玉、58歩、同玉、38龍、57玉、
【9週目start】

歩が香に変わり……。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、
67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、26龍、36桂、

同龍、57玉、58香、同玉、38龍、
【10週目start】

そして桂に変わる。

57玉、58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、
25龍、33玉、23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、
61龍、73玉、72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、
97龍、76玉、67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、
94龍、73玉、83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、
41龍、33玉、32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、
38桂、

同と、26龍、36香、

同龍、57玉、58香、同玉、38龍、57玉、
【11週目start】

これで2枚のと金を消去することに成功した。

もう一度、桂馬を入手して38桂と打てば、同とととれる駒は存在しない。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、
67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、26龍、36香、

同龍、57玉、58歩、同玉、38龍、57玉、
【12週目start】

歩を香に換え……

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、
67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、26龍、36桂、

同龍、57玉、58香、同玉、38龍、57玉、

【13週目start】

香を桂に換えた。

これで桂馬を入手したからもう1周した後38桂で終わりだろうと誰もが思うだろう。
すでに看寿の611手は更新している。

ところが奥薗幸雄の凄いところは、ここで満足せず、さらに工夫を重ねていることだ。
仮にもう1周して38桂と打ったらどうなるのか。

37玉、36龍、28玉

【失敗図】

すぐに38桂では右下に逃げられる。
つまり38桂、37玉には27龍で詰ます事ができるように、17成銀を処理する必要があるということなのだ。

【再掲図】【13週目start】

それにしても、どうやって17成銀を消去するのか。
期待以上の妙手が用意されていた。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、
67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、39香、

わざわざ桂馬の利きに39香!
38香では46玉、26龍、36香、同龍、57玉、58香、同玉、
で、38龍ができない!
そして空かさず……

同桂成、27桂、

桂馬をどかしたのは、27に桂馬を打ちたいがため。
目的は成銀をおびき寄せ、質駒と化すことだ。

同成銀、25龍、46玉、36龍、57玉、58香、同玉、38龍、57玉、
【14週目start】
36龍から27龍とすぐに質駒を取ることはできない。
44飛の利きがあるので47歩合でお手上げだ。
しかし、27成銀が居るので26龍と駒を補充できないし、最後の香を58に捨てざるをえないのは不安だ。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、27龍、

銀を入手。
持駒に強力な銀が入っても左辺の往復路には新たな手が生じないのが上手いものだ。

33玉、23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、
61龍、73玉、72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、
97龍、76玉、67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、
94龍、73玉、83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、
41龍、33玉、32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、
26龍、36桂、


持駒に銀があるので、香合はできない。
もし36香合ならば
36香、同龍、57玉、66銀、同と、37龍、47歩、58香、同玉、48龍まで
そこで58には打てない桂合となるのだ。

同龍、57玉、58銀、同玉、38龍、57玉、
【15週目start】
さて、銀が桂馬に直接変わったとはいえ、まだ問題が残っている。
もう1周して38桂で終わりかと思いきや、今度はまたその38桂をとる駒が発生しているではないか。
すると更にもう1周する必要があるのだが、ガソリンとなる58に叩く駒が無い。
この最終盤に来ても、もう一工夫必要なのだ。

58龍、46玉、48龍、

39成桂を質にした48龍がその解決手段。成桂が消えたら38桂で終了するので玉方は対抗手段を執らざるをえない。

47歩、

これでもう1周するためのガソリンが補給されたというわけだ。
47歩合をせずに35玉と逃げたら、39龍、24玉、28龍、14玉に69角と持駒に銀が入るので早い。

同龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、23龍、42玉、
32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、72龍、84玉、
83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、67龍、86玉、
87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、83龍、62玉、
72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、32龍、24玉、
23龍、35玉、25龍、46玉、38桂、

同成桂、36龍、57玉、58歩、同玉、38龍、57玉、
【16週目start】

これでようやく最後の1周となる。
ウィニングランのような気持ちで1周してこよう。

58龍、46玉、47龍、35玉、36龍、24玉、25龍、33玉、
23龍、42玉、32龍、51玉、41龍、62玉、61龍、73玉、
72龍、84玉、83龍、95玉、94龍、86玉、97龍、76玉、
67龍、86玉、87龍、95玉、96龍、84玉、94龍、73玉、
83龍、62玉、72龍、51玉、61龍、42玉、41龍、33玉、
32龍、24玉、23龍、35玉、25龍、46玉、38桂、

4度目の38桂でやっと詰め上がる。

57玉、55龍、56歩、58香 まで873手詰

超長編の世界に興味を持たれた方は次の情報にアクセススするとよいだろう。

「詰将棋入門(48) 「新扇詰」」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください