「風みどり」タグアーカイブ

詰将棋つくってみた(155) 課題34:スイッチバック

課題33:攻方駒のスイッチバックを含む詰将棋を作ってください。

スイッチバックはチェスプロブレムから輸入された概念です。
ある駒が別の位置に移動して、後に同じルートを通って元の位置に戻ることをいいます。

詰将棋では駒が成って戻ってくる場合とか帰りは同じルートでも途中下車する場合などもスイッチバックと呼んでいるようです。

一体スイッチバックのどこが面白いのか?
これを探るために厳しい条件(その駒はA→B→A以外に動かないとか成っては駄目とか途中下車は駄目とか)をつけようかとも思いましたが、この企画の趣旨はあくまで創作のきっかけを提供することですのでやめました。
唯一残したのが「攻方駒の」という条件です。

なぜこの条件をつけたかというと詰パラでの発表作をみる限り、圧倒的に守備駒のスイッチバックが多いからです。
ところが詰将棋において守備駒のスイッチバックは往々にして翻弄物に発展していってしまいます。
まぁ、話すと長くなるので気が向いたら詰将棋雑談で。

  • 手数制限はありません。
  • 未発表作に限ります。
  • 投稿先はkazemidori+kadai@gmail.com
  • 締切は9月29日(金)
  • Judgeはspringsさんです

例題を見ていきましょう。

続きを読む 詰将棋つくってみた(155) 課題34:スイッチバック

詰将棋つくってみた(145) 課題32:間駒が動く

課題32:間駒が動く詰将棋を作ってください。

※間駒を取ってしまうのは盤上から駒台に動きますが、これは動いたとは認めないことにします。

  • 手数制限はありません。
  • 未発表作に限ります。
  • 投稿先はkazemidori+kadai@gmail.com
  • 締切は7月30日(日)
  • Judgeはkisyさんです

続きを読む 詰将棋つくってみた(145) 課題32:間駒が動く

詰将棋つくってみた(136) 課題30:田舎の曲詰

課題30:田舎の曲詰を作ってください。

課題29は11手以下という手数縛りが思いのほか厳しかったようで、適切な出題数になりました(^^;;。
今月の課題もはじめての経験という方が多いかもしれません。
課題28象形図式の対となる課題です。

ここでいう「曲詰」とは炙り出し曲詰のことで、すなわち詰上り図がなんらかの象形になっているものという意味です。
「田舎の」というのは55の地点を都というので都から外れたという意味です。
すなわち「終局図が中央でなくてもOK」と理解してください。もちろん中央の堂々とした作品を排除するものではありません。

  • 手数制限はありません。
  • 未発表作に限ります。
  • 投稿先はkazemidori+kadai@gmail.com
  • 締切は5月30日(火)
  • Judgeは新ヶ江幸弘さんです

続きを読む 詰将棋つくってみた(136) 課題30:田舎の曲詰

詰将棋創作チョー入門(41) 第5回三手詰祭

三手詰祭です。

今回は投稿が少なく34局になりました。
取り組みやすい数だと思います。

一気にタイムトライアルで解くも良し。ボチボチとゆっくり解くも良し。
お楽しみください(^^)。

  • 解答募集します。
  • 解答は好きな作品の番号を5つ(もっと多くても少なくても可)書くだけでOKです。
  • 気に入った作品には短評をお願いします。作品提供してくれた作者のために是非よろしく。
  • 解答送り先:kazemidori+fes@gmail.com
  • 締切:4月25日(火) 12:00
  • 賞品:1名様に豪華賞品、1名様に粗品進呈。

印刷用pdfつくりました⇒三手詰祭5.pdf

続きを読む 詰将棋創作チョー入門(41) 第5回三手詰祭

詰将棋つくってみた(131) 課題29:持駒に香のある11手以下の詰将棋

課題29:持駒に香のある11手以下の詰将棋を作ってください。

手数が長くなりがちな課題が続いたので、今月は短編しばりです。
初めは9手以下にしようかと思ったのですが、日和ってちょっと緩めました。

短編で持駒に香を持たせるということは、間駒の変化をキリッと纏める必要があります。
今月は変化を割り切る練習といっても良いかもしれません。

「つくってみた」は初心向きの企画ですから(!?)ですから、無駄合概念をフルに使って構いません。「作者が無駄だと主張したら無駄」ということにします(^^)。

  • 未発表作に限ります。
  • 投稿先はkazemidori+kadai@gmail.com
  • 締切は4月29日(土)
  • Judgeは駒井めいさんです

続きを読む 詰将棋つくってみた(131) 課題29:持駒に香のある11手以下の詰将棋

詰将棋創作チョー入門(40) それでは特訓の始まりだ(5)

この連載は余詰の検討に柿木将棋をツールとして使用していきます。購入方法・インストールの仕方は第1回。基本的な使い方は第2回を参照してください。

 前回の三手詰祭からかなり経ちましたよね?
三手詰祭の第5回を開催することにしました。

 詰将棋を作る楽しみを知っていただく切掛になれば幸いです。

チョー入門課題
2手目の応手が2つ以上ある3手詰を10局以上作ってください。

「詰将棋つくってみた」よりもさらに創作初期の方向けの企画です。
したがって類作(似たような作品が既にある)は問題にしません。ただし同一作+は失格にします。

 ベテランの方は「3手詰で名前を付けて発表できる作品を創作するのは難しい」と考えます。
これはお祭りですので、ベテランの方もお気楽に参加ください。変名も可です(^^)。
またベテランの方は変化2つ以上と縛りを強くすると更に楽しめるかもしれません(^^)。

  • 10局より多くても少なくてもかまいませんが、投稿は一度のみとします。1局ずつバラバラに投稿されますとミスの元になります。
  • 投稿は柿木将棋のki2ファイルをメールに添付する形でお願いします。(別の形でもかまいませんが、作意を明記してください。)
  • 【詰将棋情報】の【作者】に発表用の名前を記入してください。
    メールには本名も必ず明記してください。
  • 自作に限ります。貴方の名前がついて発表される可能性があることを忘れないでください。未発表作が望ましいです。ただしネットやtwitterで発表した作品はそのメディアと発表年月日を明記して投稿くだされば受け付けます。
  • 投稿先はkazemidori+ultra@gmail.com
    タイトルに「三手詰祭5」と明記してください。
  • 締切は4月11日(火)

柿木将棋で複数の作品をまとめて検討する方法についてはチョー入門(3)を参照してください。

続きを読む 詰将棋創作チョー入門(40) それでは特訓の始まりだ(5)

詰将棋つくってみた(126) 課題28:象形図式

課題28:初形が象形の詰将棋を作ってください。

いわゆる「初形曲詰」と呼ばれる物です。
「曲詰」は曲芸からの造語でしょうか。
初形が文字や形・模様を表現した物と詰上りが文字や象形になるものがあります。
後者を「炙り出し」と区別していましたが、現代では曲詰というと主に炙り出しをさすことが多いように思います。
いずれ炙り出し曲詰も課題にしてみたいとは思っていますが、今回は初形を決め、持駒を工夫することから作り始める「初形曲詰」としました。

  • 手数制限はありません。
  • 未発表作に限ります。
  • 投稿先はkazemidori+kadai@gmail.com
  • 締切は3月30日(木)
  • Judgeは河内勲さんです

続きを読む 詰将棋つくってみた(126) 課題28:象形図式